あの柏秀樹さんもDr.モペットをご推薦

パリダカールラリーをはじめ、数々の国際ラリーに出場経験を持つモーターサイクルジャーナリストの柏秀樹さんが、
Dr.モペットのテストインプレッションを語ってくださいました。

  • HOME
  • Dr.モペットを柏秀樹さんが推奨!

スーパーカブと聞くと、あふれ出るようにいろいろな思い出が交差する。
東北・北海道の他関東周辺など、あちこちのツーリングに出かけてきた。
トラブルらしいトラブルは一度もなかった。タフな作りは体で実感している。

もちろんタイ生産のカブや最新のクロスカブなど様々なスーパーカブにも試乗して、それぞれの違いや魅力は理解しているつもりだ。

誤解を恐れずに一言で言うなら、そのどれもスーパーカブは究極のツーリングバイクってこと。
一気に500km先まで走り続けるといったお馬鹿なチャレンジをしない限り、これほど旅が楽しくなるバイクはない。

スピードがそれほど出ずに景色が楽しめるから?
それもあるけど実はエンジンパワーに見合った速度で走る限り、乗り心地が非常に良いからだ。
サスペンションストロークなど短めで、ダンピングだってあまり効いていない。なのにあらゆるシーンで車体はしなやかに安定し、ライダーの意思通りに走ってくれる。だから疲れにくいのだ。

しかし、バイク座シートのクッションが織り込まれたDr.モペットになると、その美点をさらに引き延ばすことに成功しているのだ。
乗り心地が格段にアップして、ますますロングランしたくなる。

それは車体のしなりとシート座面の大きさとシートのストロークが絶妙に組み合わせているため。過去から現在まで実に上手くまとめたシートだと言い切れる。

ホワホワだと街中のチョイ乗りで乗りにくいのでは?かえって落ち着かないのでは?と言う心配は無用。
路面から突き上げられる振動とエンジンの振動が織り混ざってヒップと腰に大きな負担を強いるシートこそもっと注目すべきパーツ。

スーパーカブが持っている本来の運動能力はそのままに、より上質な乗り心地になっている。

この魅力をずっとずっと先まで、さらに大きくしてくれるのがDr.モペットだと思う。

パリダカールラリーを始め、数々の国際ラリーへの出場経験が豊富な柏秀樹さんにここまで言わせてしまうDr.モペット。

この感触をあなたのカブにもプットオンしてみませんか

車種・年式でバラエティー豊かなカブのシートに対応できるよう
3種類のサイズを用意しました。

Lサイズ;現行クロスカブ・新旧ハンターカブ等
Mサイズ;現行110/50等
Sサイズ;それ以前のカブ等


Dr.モペットのレギュラータイプ

多様なカブシリーズのカラーバリエーションに最も馴染みやすいのが黒/ベージュのレギュラータイプ。
装着も被せて紐を縛るだけなので簡単です。

お求めはこちらからどうぞ。


/黒のカラータイプ
Lサイズにはハンターカブへの装着を考慮して、定番品として用意しました。
もちろん、クロスカブにもご愛用頂けます。

お求めはこちらでご案内しております。


ブラック単色のDr.モペット
「ノーマルシートと同じ黒単色はないの?」
というご要望にお応えし、
Lサイズにてラインナップしています。

こちらは、左記の赤/黒と一緒にご案内しています。

バイク座シート シリーズ

バイク座シート

バイク座シート

スタンダードタイプ。バイク座シートは柔らかいのにコシがあり、しっかりとお尻を支えてくれる感覚があります。

詳細

バイク座シート グラン

バイク座シート グラン

本革仕様タイプ。使い込むほどに味がにじみ出てきて革の経年変化が楽しめます。

詳細

バイク座シート Dr.モペット

バイク座シート Dr.モペット

スーパーカブなどビジネスバイク用タイプ。モデルによりS,M,Lの3サイズをご用意しております。

詳細

バイク座シート インサイド

バイク座シート インサイド

今お使いのシートを加工し埋め込むタイプ。各種カスタマイズをご相談いただけます。

詳細