新型コロナウィルスには次亜塩素水のジアグリーンがおすすめ!

新型コロナウィルスには次亜塩素水が有効

2020年1月末から、中国・武漢市を中心に世界中に広がりを見せている新型コロナウィルス。


映像参照元;国立感染症研究所
感染するとウィルスが肺の細胞を犯して肺を繊維化し、死に至るという恐ろしい感染症です。

中国政府は2月6日までに、中国国内だけでも感染者数は28,000人を超え、死者数も563人と報じ、日本国内でもすでに45名の方が感染。(2020年2月7日東京新聞WEB版を参照)

このウィルスは今年に入って発見されたもので、当然ながらまだ有効なワクチンは存在しません。

ジアグリーンなら安全安心、しかも簡単

東京都感染情報センターでは、手洗いうがいの励行やマスクの着用と並んで、共用部への次亜塩素ナトリウムによる消毒を奨励中。

ただ、次亜塩素ナトリウムは強アルカリ性なので取り扱いが難しく、濃度を誤れば手荒れや衣服の破損などの恐れがありますし、そもそもお部屋の中では強い臭いが気になるものです。

そこで今回、弊社posidriveが皆さんにご紹介するのが、グリーンウェル社が企画開発・製造を手掛ける「ジアグリーンシステム」

単純に電解イオンを放出して空気の浄化を図る「空気清浄機」がよく知られていますが、こちらは次亜塩素を電解し超微粒子として噴霧することで空気中の有害ウィルスを撃退する「空気洗浄機」です。

次亜塩素酸ナトリウムを希釈して直接噴霧する場合、手についてしまったりすると手荒れの原因になったりするわけですが、ジアグリーンの場合は弱酸性の専用のタブレットをジアグリーンに入れるだけなので安全安心。

4.5Lの水に一粒を入れて一日16時間稼働とした場合、(ジアグリーの出力を、)噴霧量弱なら7日間、中なら5日間、強でも3日間はお使いになれます。

タブレットはひと箱10錠入りが3,300円(税込み)

ですので、ひと箱で長ければ2か月、短くても1か月は効果を保つことができますね。

臭いはワンちゃんでも気にしないほど

次亜塩素イオンを他の放出機器よりも小さくて軽い0.3~0.9μミクロン(一般的なものは5μミクロン)の粒子として噴霧するため、お部屋の隅々まで拡散させることができるのが特長。(最大30畳)

このため、臭いは「実は塩素を放出しているんですよ」と言われないと気が付かないほど。

しかもドライミストなので、窓に結露を生じさせたり、ききの周りがべたつく心配もありません。

それでも塩素臭さが心配だとおっしゃる方も多いと思いますが人間の鼻はすぐになれるもの。

でも実際、撮影をさせていただいているお部屋にワンちゃんがいますが、このジオグリーンの横が彼の定位置。

また、ペットと一緒にお住いのお宅にありがちな「けもの臭」も、このお宅では全く気にならないのがジアグリーンの効果を物語っていました。

安全にして効果は絶大

除菌効果はインフルエンザやノロウィルスはもちろん、ボツリヌス菌やセレウス菌など体制の強い細菌にも効果があることが公的機関によって証明されているので強力です。

しかも、強アルカリ性次亜塩素ナトリウムを直接噴霧するのとは違い、弱酸性次亜塩素水を放出するので健康に対しても安全。(赤ちゃんにも食品にも安心安全です)

次亜塩素水は、平成14年に厚生労働省が食品殺菌料として『効果と安全性』を認可しているものです。

病院や保育園等の施設はもちろん、お店や事業所の安全安心に

本体価格は¥47,300

実は非常に安価なのです。類似の大手メーカー品は数倍します。

一般のご家庭でももちろんお使いただきたい製品ですが、病院や保育園など公共の施設や、お店、あるいはオフィスでの感染予防に、今こそぜひお使いいただきたい一台です。

お問い合わせはフリーダイアル0800-080-8194、またはinfo@posidrive.jpまでどうぞ!